上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合わせ目消しやパーティングライン消しをちまちまやっていたら一ヶ月経ってしまい、もう我慢できなくてこの土日に一気に仕上げました。


シールドライガー(首都防衛部隊仕様)

装甲は白で塗り、その他フレーム等は成型色のままで、それらの上からレッドブラウン等でウォッシングしています。
いや、これをウォッシングと言っていいのかわかりませんが、薄めたエナメルで全体を塗り、特に拭き取ったりしていません。結構良い感じだったのでそのままにしました。


パイロットはミディアムグレーと黒を混ぜた色とか装甲をウォッシングした色で塗ったんですが、ただの灰色っぽくなってしまいました。
正しい色がいまいちよく分からないのでとりあえずこれでよしとします。


前・後・下


・素組みのライガーと対比。

やはり素組みと比べると存在感の違いがよく分かる。


・決め。
  ・・・ラッキーの色が飛んだ(・ω・`)
スポンサーサイト

ゾイドを見ながらゾイドを製作中。これが一番楽しく作れる気がする。
土日はずっとライガーを作っていました。
やめられないとまらない。
土曜は昼の2時から始めて、気付けば夜中の2時だ。12時間だっ!
腹が鳴る鳴る腹が減る。
まともに筆塗りしたんは初めてな気がするけど、これは楽しい♪
今まではほとんど素組みで終わらせてきたけど、これからはちょっとでも手を加えときたいなぁ。
週末の成果。


サフ吹いて、白吹いて、シルバーに黒混ぜた色でフレーム等を塗りました。
ただ真っ白なだけではつまらんのでオレンジのラインを追加塗装。

ここで問題はデカール。
白に白のデカールは無理。何も貼らずにこのままいこうかなぁ。
まだ考え中。

だんだん完成に近づいてきたぞー。
ジオラマの方はまだ・・・、今はとりあえず考えん方向で。
装甲以外のパーツがほぼ切り出し&合わせ目消し完了。
ぼちぼちウォッシングし始めるか。

装甲の方はランナーのまま軽くサフ吹いて切り出してゲート処理まで。
週末にはちゃんとサフ吹きして、できれば白に塗っときたいなぁ。


今月の模型誌でやっとライガーの作例が出たわけですが、

・HJ 赤いシールドライガー
赤獅子は指揮官仕様で尚且つテスト機という少し燃える設定な機体。さすがHJというべきか。けどブースターはいらんなぁ。4足ゾイドにブースター付けるのはあんまし好きちゃう。
最近HJの方がゾイドに力入れとる気がする。旧ゾイド基準の連載も良いし。

・電ホ 黒いシールドライガー
DCS-Jを意識したという黒獅子。空気抵抗を考えると武器は小さい方が良いだの書いてあったけど、正直かっこよくない。(致命傷
素直にビームキャノンを移植するだけでもよかったのになぁ。
あと色も装甲とボディはもっと色の差を出すべきだろう。全身真っ黒すぎる。
昔は設定画を載せるBパートがあったりもっと作例も良かったのに、最近はゾイドに関して微妙な電ホ。ゾイドジェネレイションズつまらんし。

まぁどこも白獅子でなくてよかった。
胴体部分がだいたい出来ました。
合わせ目消しめんどくさい。

こんだけ時間かけて組むんは初めてちゃうかなぁ?ここ最近、というか数年は素組みばっかりやし。
いつもあとでまた弄ろうとか二体目はがんばろうとかでそのまま。

けど今回はがんばるぞ!
二体目のシールドライガーはやっぱ飽きが襲ってくるけど、こいつはちゃんと作ってあげたい。
ジオラマ、というか白ライガーにしてやりたい。
正直ジオラマはつになるかわからんな。
白ライガー出来たらそれで満足しそうな気がしまくり。

いや!作ってみせるさ!!


来年中には・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。