上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェノザウラー(実戦配備カラー)
080518-01.jpg
通常のジェノザウラーはレイブン用の試作機カラーであり、実戦配備する際にはもう少し彩度の低いカラーリングになるだろうという設定です。
フレームを灰色にし、放熱フィンを朱色っぽくしました。

080518-02.jpg
この写真は目の発光が良い具合に撮れたと思います。
目が発光するとやはり違う。
写真撮るのも楽しいです。

080518-03.jpg080518-06.jpg
口内の荷電粒子砲は砲身を切って短くしました。
ジオラマ用ということで接着してしまっていますが、差し替えにしてもよかったかもしれません。

短くしたおかげで物をくわえることもできます。

080518-04.jpg080518-05.jpg
ほぼ素組みのジェノザウラーと比較。
まぁ、特に大差無し。


作り始めて丁度二ヶ月で完成しました。
合わせ目がちゃんと消せてない部分も多く、完成度としてはまだまだ低いです。

けど自分の好きな色合いにはなったと思うのでそれはよし。
電飾を仕込む事にも成功したのでまた一つ前進できたと思います。


ジオラマ用にと思って製作したものですが、ジオラマになるのはもう少し先になりそうです。
森の中の情景を作ろうと考えているので、まず別のもので植物の製作を練習してからこいつのジオラマに取り掛かります。
このジェノはその時にジオラマとして再び披露しましょう。
スポンサーサイト
いよいよ最後の塗装。
080510-01.jpg
合わせ目消しとヤスリがけはほぼ完了。来週には全部塗装したいことろです。

今回のジェノはカラーリング変更だけなんですが、出来れば色々と手を加えたい気持ちはあります。
けどそんなにアイディア無いし余裕もあんまり無い。
堂々と「改造ゾイド」と言えるものを作りたいもんです。


紫色に塗ったブレードライガーやシールドライガーとアイアンコングを融合させたゴリライガー、コマンドウルフを二足歩行に改造したコマンドガンナー(だったかな)など昔の作品が懐かしい。
あの頃はただ思い付くままにゾイドを作っていたのに、最近はどうしても完成度を求めてしまう。

このジェノが完成したらジオラマの前に何か別のものでも作ってみようかな。
改造ゾイドを。
しばらくほったらかしていた電飾ですが、やっとハンダごてを買ったので手を付けました。
080506-06.jpg
中学校の技術の授業以来のハンダごて。なんか懐かしいなぁ。
なんとか勘を取り戻しつつ発光ダイオードや抵抗の部分をハンダ付けし、
080506-03.jpg
頭部にはエポパテで固定しました。

080506-04.jpg080506-05.jpg
やはり目が光ると違う。
元のトミー版ジェノザウラーの目は発光するので、これが正しいとも言えます。

使用したのはイーケイジャパンという会社の高輝度LED(赤色・3mm)LK-3RD。


GWのおかげでここまで形になりました。
080506-01.jpg
フィンの橙色っぽい朱色は割と思った通りの色になったと思います。

あとは背中のパルスレーザーガンのみ。
以前の製作日記から二週間近く経ってますが、あまり進んでません。

今はプラモ作りで一番つまらない時期であると言えます。
組み始めの新鮮さも無くなり、組みあがって形になっていく楽しさもまだ少ない。
塗装&ウォッシングしながらというのは初めてなんですが、なかなか厳しいものです。


そうは言いつつそれなりに出来てきていまして、もうすぐ両足がほぼ完成します。
(写真は片足だけですが)

頭部の電飾がほったらかしなので、そろそろきっちり仕上げておきたいところです。
尻尾まで完成。


次は脚部。ぼちぼち全体の半分ってとこ。
毎週ちょこちょこ進めておりますジェノザウラー製作。
気が付けば結構久しぶり。

パーツごとに塗装して、ウォッシングしながら進めているので全体的にはなかなか進まないように感じます。
080405-01.jpg
それも慣れてきたおかげか今日は割と進みました。
腹の部分のF10&11パーツに後ハメ加工なんぞしつつ。(写真ではわかりにくいですが;)

080405-02.jpg
今のところ胴体部分が粗方出来ました。

黒→成型色のまま。
紫→Mr.COLOR ニュートラルグレー。
白→Mr.COLOR グレーFS36270。
全てにジャーマングレーでウォッシング(もしくは墨入れ)しています。

フレームの紫をグレーにすることでジェノはかなり渋くなります。


ゴルドスが手に入ったのでジオラマのイメージでも。

080405-03.jpg
素組みのジェノとゴルドスなのでこれぐらいが限界ですが、まぁこんな風に踏みつけている感じで作ろうと思っています。


電飾仕込む事とかベースの事とか、まだまだやる事はいっぱいありますなぁ。
今日は祝日なのに雨だったのでちょっと作業を進めました。

ジェノ頭部の電飾です。


頭部の目が入る部分をピンバイスでくり貫き、
その間にあるI-5パーツも目に干渉する部分を削ります。(I-5の写真撮り忘れ;)

近場で入手できた麦球と電池ボックスを使って試しに光らせてみました。

目が光るってのは良いなぁ♪

とりあえず頭部の構造はこれでいけそうなので、そのうち必要な材料を確保してきます。


それから口内の荷電粒子砲の部分。
今回のジオラマで荷電粒子砲は使用しないので縮ませた状態にしておきます。

バレルを切り、先端部分を接着しました。
このままでは味気ないので薄いプラ版でちょっとディティールを付けるつもりです。
ジオラマ用のジェノザウラーをぼちぼちと製作開始です。

まずは大きく色を変える部分をスプレーでランナーごと塗装しました。
我が家では割り箸を持ち手に使い、塗装したものは洗濯ハンガーに挟んでいます。
080318-01.jpg
もっとちゃんとした台とかあればいいんですが、今使えるものはこのハンガーだけなのでまぁいいかとw
風さえ強くなければ割と便利。

まだこれしかしてないので今日はここまで。
電飾を仕込むことを考えるとちょっとずつしか進まない気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。