上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲーターを塗装しました。
080920-01.jpg
色味が成型色に近いのでパッと見ではわかりにくいですが、全塗装してあります。(キャップ以外)
ウェザリングはもうちょい先。
次はジオラマの方に手を入れていきます。


この塗装は筆塗りなんですが、やっぱ筆塗りは楽しいです。
実は今回、新しい溶剤を使ってみました。

ガイアカラーの「ブラシマスター
080920-02.jpg
最初からリターダーが入っている気の利くやつです。

以前、模型仲間(?)であるうちの社長と塗装についての話になったとき、「当然リターダー使ってるんだろう」的な事を言われたんですが、その時は「リターダー?」という感じでした。
リターダーのお陰で筆でも綺麗に塗れるのだろうと思ったらしいです。
けど今まではMr.カラーうすめ液を普通に使っていて、特に不満もなかった。

ところが先日、エアブラシ用の特大溶剤を買いに行った時に見つけてしまったのがこの「ブラシマスター」。
筆塗りの場合は筆ムラが少なくなりツヤが増す、筆塗りに適した溶剤です、と。
んでまぁ今回試しに使ってみたわけです。

紫色の部分、実は筆塗りで初めて塗った光沢塗料だったりします。
ツヤ消しの場合は多少ムラがあってもほとんどわからないんですが、光沢はムラが如実に表れるそうで。
けれどこのブラシマスターではほぼムラ無く塗れました。
普通のうすめ液と比べてないのでそこはなんとも言えませんが、塗りやすい事には間違いない。

…なんかブラシマスターの宣伝みたいになてきた;

特大なら値段も普通のと100円程度しか違わないので、どうせならこっちの方が便利だという話です。
溶剤に限らず、便利なものを探すのは大切なことだと思います。
スポンサーサイト
コメント
一瞬エアブラシで塗装したかと思いましたよ~。(^ ^)
光沢塗料でここまで筆ムラ無しに塗装するなんて流石。

私の方も筆塗り上手くなりたいですね。
結構せっかちなんですぐに塗装面を筆でつついちゃんです。
おかげで下地が溶け出して失敗してます。(^ ^;)

ところで、乾燥のスピードをどうにかすれば意外とラッカー塗料は筆塗りし易いですよね。
溶剤によく溶けて、粒子(顔料?)が細かいですから。
2008/09/21(Sun) 23:21 | URL | 人工雨 | 【編集
> 人工雨さん

ラッカー塗料はすぐに乾くので塗りやすいですよ。
リターダー入りでも15~20分もあれば十分上から二度目を塗れます。
乾くのを待つというか、複数のパーツを塗っていて一週したら最初のは乾いているという感じですけど;

塗料の濃度が適度なら難しくはないと思います。
エアブラシと違ってマスキングしなくていいのが筆塗りの良い(楽な)ところですw
2008/09/22(Mon) 22:47 | URL | 牙芯 | 【編集
違和感ないです。
というか 拝見して成型色だって言われても判らないです。(赤い所でわかりますが)
塗膜が薄くてムラがないからなのでしょうか?
2008/09/25(Thu) 11:34 | URL | トイーゴ | 【編集
> トイーゴさん

きっちり塗ってあるので塗膜は薄くはないです。

色を調整して丁度良く成形色に近くなったんですよ。
紫には若干赤味を入れてあるんですが、少なすぎたようで;
2008/09/25(Thu) 20:21 | URL | 牙芯 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。