上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はジオラマの全景が少しわかるぐらいになってきました。

まず樹木を1.0mmの真鍮芯で固定。
次にダイソーの木粉ねんどで土の部分を作ります。
081004-01.jpg
どこかのサイトでダイソーの木粉ねんどが良いというのを見たので早速使ってみました。
紙粘土とは違いもっちりしている感じです。パサパサしてない。

その木粉ねんどを盛り付けて少し乾いた頃に、使い古しの歯ブラシで叩いて凹凸を付けました。
地面の下地としてはこんなもんでしょう。
スポンサーサイト
コメント
ついに地面の製作ですか。(^ ^)
薄く盛り付ければ、ひび割れし難いですよね。
あとは養生のためにベースのマスキングをお奨めしますよ。

ところで余った粘土はどうしてますか?
私は前に伊藤家の食卓で見た裏技で、
ナイロン袋に入れてその口を切り出したペットボトルの蓋で閉めてます。
そして、そのまま冷蔵庫に保管という方法をとってます。
ただ、それでも長くほっとくと固まってしまいますけどね。(^ω^;)
何か良い方法がないもんですかね~。
2008/10/05(Sun) 23:35 | URL | 人工雨 | 【編集
> 人工雨さん

木粉ねんどは紙粘土に比べてひび割れしにくい気がします。
なかなか良い素材です。

ベースにはマスキングしていたんですが、地面をちょっとはみ出して盛り付けようと思って剥がしました。
前回の砂漠ジオラマの時もしてませんしね。もし汚れたらそれも味の一つにするつもりです。

余った粘土は袋ごとサランラップで密封して端っこを洗濯ばさみなどで留めています。
(コールドパックなどの方が良さそうですけど今は買ってないので応急的なものです。)
密封する前に、乾燥させないよう少し水滴を垂らしてます。
それであとは特別なにもせず冷暗所に置いてますね。
冷蔵庫に保管というのは知りませんでした。

まぁ安いものなので正直そんなに気にしてないですねぇ。
2008/10/06(Mon) 23:22 | URL | 牙芯 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。