上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらくほったらかしていた電飾ですが、やっとハンダごてを買ったので手を付けました。
080506-06.jpg
中学校の技術の授業以来のハンダごて。なんか懐かしいなぁ。
なんとか勘を取り戻しつつ発光ダイオードや抵抗の部分をハンダ付けし、
080506-03.jpg
頭部にはエポパテで固定しました。

080506-04.jpg080506-05.jpg
やはり目が光ると違う。
元のトミー版ジェノザウラーの目は発光するので、これが正しいとも言えます。

使用したのはイーケイジャパンという会社の高輝度LED(赤色・3mm)LK-3RD。


GWのおかげでここまで形になりました。
080506-01.jpg
フィンの橙色っぽい朱色は割と思った通りの色になったと思います。

あとは背中のパルスレーザーガンのみ。
以前の製作日記から二週間近く経ってますが、あまり進んでません。

今はプラモ作りで一番つまらない時期であると言えます。
組み始めの新鮮さも無くなり、組みあがって形になっていく楽しさもまだ少ない。
塗装&ウォッシングしながらというのは初めてなんですが、なかなか厳しいものです。


そうは言いつつそれなりに出来てきていまして、もうすぐ両足がほぼ完成します。
(写真は片足だけですが)

頭部の電飾がほったらかしなので、そろそろきっちり仕上げておきたいところです。
尻尾まで完成。


次は脚部。ぼちぼち全体の半分ってとこ。
毎週ちょこちょこ進めておりますジェノザウラー製作。
気が付けば結構久しぶり。

パーツごとに塗装して、ウォッシングしながら進めているので全体的にはなかなか進まないように感じます。
080405-01.jpg
それも慣れてきたおかげか今日は割と進みました。
腹の部分のF10&11パーツに後ハメ加工なんぞしつつ。(写真ではわかりにくいですが;)

080405-02.jpg
今のところ胴体部分が粗方出来ました。

黒→成型色のまま。
紫→Mr.COLOR ニュートラルグレー。
白→Mr.COLOR グレーFS36270。
全てにジャーマングレーでウォッシング(もしくは墨入れ)しています。

フレームの紫をグレーにすることでジェノはかなり渋くなります。


ゴルドスが手に入ったのでジオラマのイメージでも。

080405-03.jpg
素組みのジェノとゴルドスなのでこれぐらいが限界ですが、まぁこんな風に踏みつけている感じで作ろうと思っています。


電飾仕込む事とかベースの事とか、まだまだやる事はいっぱいありますなぁ。
今日は祝日なのに雨だったのでちょっと作業を進めました。

ジェノ頭部の電飾です。


頭部の目が入る部分をピンバイスでくり貫き、
その間にあるI-5パーツも目に干渉する部分を削ります。(I-5の写真撮り忘れ;)

近場で入手できた麦球と電池ボックスを使って試しに光らせてみました。

目が光るってのは良いなぁ♪

とりあえず頭部の構造はこれでいけそうなので、そのうち必要な材料を確保してきます。


それから口内の荷電粒子砲の部分。
今回のジオラマで荷電粒子砲は使用しないので縮ませた状態にしておきます。

バレルを切り、先端部分を接着しました。
このままでは味気ないので薄いプラ版でちょっとディティールを付けるつもりです。
ジオラマ用のジェノザウラーをぼちぼちと製作開始です。

まずは大きく色を変える部分をスプレーでランナーごと塗装しました。
我が家では割り箸を持ち手に使い、塗装したものは洗濯ハンガーに挟んでいます。
080318-01.jpg
もっとちゃんとした台とかあればいいんですが、今使えるものはこのハンガーだけなのでまぁいいかとw
風さえ強くなければ割と便利。

まだこれしかしてないので今日はここまで。
電飾を仕込むことを考えるとちょっとずつしか進まない気がします。

いい加減完成させようと思い、ナデシコを見ながら半日ほど掛けてついに完成!

武装の色は確かMr.カラーの焼鉄色。筆塗りでもなんとか出来るもんだ。

作り始めてから約三ヶ月も掛かってしまったガトリング。
これでやっと首都防衛仕様シールドライガーの完成だ!

・・・て言いたいけど結局ジオラマには手を付けてない。飾り台だけでも買ってくるか。
久々の工作でござい。

この前買った謎の国製のキャタピラとバーニアパーツを接続基部に使い、やっとガトリングの給弾ベルトの形が出来た。
ここまで長かった・・・。

あとは塗装だが、ゴムを塗るにはどうしたらいいんだろう?
ゴム用のプライマー(下地剤塗料)って無いんかなぁ。これが最後の壁か。


キャタピタとともに買った1/72プラモの四駆を作ってみた。
0213-02.jpg
もう、小さい上に接着剤使って作らなあかんので結構大変だった。
0213-03.jpg
ライガーと並べるとこんなに小さい。けどその分、情報量は多いぞ。
他にも買った野営セット等を使って早くジオラマを作りたいもんだ。

けどコマンドウルフも一緒に使いたいなぁ。あと4ヶ月か・・・
ここ数週間の進行状況。

年末実家に帰った時にジャンクパーツを持って帰ってきた。

これだけあればそれなりに作れるだろう。

・・・と思ったが基本ゾイドのジャンクなのでHMMライガーには合いにくかったorz
けど何個か使えるものがあったので良しとしようか。


さて、ドラム弾倉用のGタンクやディティールアップパーツも手に入れたし、完成が見えてきたぞー。
プラ棒も初めて使った。うん便利。


ドラム弾倉はガトリングに直接付ける予定だったんですが、いざ仮に付けてみるとどうもバランスがおかしい。
人型ロボと動物型ロボは違うな。

それで結局弾倉は胴体後部に付けることに決定。
現在は組み換えできるようにプラ棒で接続基部を製作中。

と、ここで一つ問題ができてしまった。
弾倉からガトリングへ給弾ベルトが必要だ!
土日に近所の玩具屋を廻ってみたけどそんな都合の良いもんは普通の玩具屋には無かった。

さぁこれは困ったぞー(´д`)

これほど日本橋へ行きたいと思った時が今までにあっただろうか!
ボークスでミリタリーフィギュア用の小道具を見掛けたことがある。ボークスへ行きたい!だが交通費だけで千円以上掛かってしまうのでただそれだけの為には行き辛い。さてどうしようか・・・

どなたか丁度良い給弾ベルトをご存知ないだろうか?
もしあったら情報求む。

こんな時こそ掲示板に書き込んでみるべきかもしれん。
デザインナイフで多少成型し、パテが固まったようなので素組みライガーに装着してみた。

ちょっとボリュームが足りん気がする。

やっぱ弾倉は必要やな。前にも書いたようにグフカスタムみたいなやつ。
キットの円盤形のやつではボリュームが足らんままだろう。

さて、どこから補給してこようか・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。