上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は「フレーム部分を少し塗装」の巻。


エナメル塗料をテレビン油でシャバシャバに薄めてフレーム部分に塗っています。
今回は墨入れというより塗装に近いので少し濃い目。

写真はフレーム部が影になってしまってわかりにくkなってしまいましたが;

フレームが青っぽいままだった前回に比べれば格段に締まった感じになったと思います。
さて、本日はウルフの装甲の塗装でございます。

もちろん全て筆塗り。色はダークイエローで。


塗ってみたはいいけど、ちょっと思った色とは違うかなぁ;
茶色すぎるというか、もうちょい白っぽい方がよかった。

しかし、これからウォッシングやらなんやらと手を入れていくので印象は変わるだろう。
まぁその前に武装や追加の装備を作るのが先ですが。
引き続きまだジオラマではなくウルフ製作中ですが、こんにちは。


とりあえずフレーム部分の組み立て&主なパーツの切り出し終了。
アゴは尻尾などの合わせ目消し、金色と銀色部分の塗装も完了。


砂漠仕様ということで、脚部のパイプ部分は防砂対策をしているということにしました。
正直フレーム丸出しのコマンドウルフにとってこれだけで防砂対策なんて言えませんが、まぁ見た目、気分を重視するということで。

以前どこかでティッシュとレジンを使うというのを見たことがありますが、うちにレジンなんて使ったことのないものはないのでプラセメントを使用しました。
ティッシュを小さくちぎり、プラセメントでちまちま接着する。それだけです。

塗装すればちょっとはマシに見えるかと。


さて次は本格的な塗装でございます。
白い装甲を砂漠カラーに塗った後、装甲とフレーム全てにウォッシングを施します。

ではまた次回。
 この土日は全く模型いじりできなかったので、昨日の晩少しだけ組みました。
ジオラマ用コマンドウルフの胴体部分。

「ジオラマ制作 02」ってタイトルですが、コマンドウルフ本体から開始なのでまだまだ先は長そうです・・・

ただ組むだけでも一ヶ月ぶりぐらいにプラモ組んだので割と楽しいw

とりあえずフレーム部分は普通に組んで、ライガーと同様に軽くウォッシングし、今回はウェザリングにも挑戦でございますよ。
ドライブラシなんかをやってみる予定。

乞うご期待! ・・・と言っておこう。
久々の模型日記でございます。
そろそろコマンドウルフのジオラマ制作を始めようと思いちょっとだけ材料を調達してきました。

とりあえず、
・半径20cmの円形デコパージュ(木製のベース)
・地面用の紙ねんど
を調達。

コマンドウルフのポーズは一応こんな感じで決定。
砂漠か荒野のジオラマで、草を生やす。
近くに置いてあるジープと人は仮のものです。

ベースに置いてみると結構イメージが沸いてくるし、なんとなくやる気が出てきます。
作るぞー!!

完成目標は今年中。
前のライガーほどややこしくないので頑張ればできそうな気がします。
けど既に二ヶ月切っているので、おそらく来年になること必死。

頑張るぞー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。